2006年05月08日

映画 NANA

映画監督:大谷健太郎
ぴかぴか(新しい)キャスト:中島美嘉、宮崎あおい他
わーい(嬉しい顔)お勧め度:★★★☆☆

原作は矢沢あいさんの超人気少女コミック。
……といっても、わたしは未読なので、原作との比較はできないんですが。
でも、どうやら中島美嘉さんと宮崎あおいちゃんの二人のNANAは、原作の雰囲気にピッタリのようですね(ついつい「さん」と「ちゃん」を使い分けてしまいます)。辛く寂しい環境で育ち、突っ張った生き方をしているナナ(中島さん)と、家族に愛されて育ち、ちょっと甘ったれた奈々(あおいちゃん)というキャラクターは巧く描かれていたように思います。

それにしても、あおいちゃん演じる奈々は可愛いですね〜ハートたち(複数ハート)まさに、少女マンガからそのまま飛び出してきたって感じexclamationもちろん、中島さんもとても男前で、すごくカッコよかったですけど。
でも……奈々は女受けはしないかもしれませんね〜あせあせ(飛び散る汗)本人には何の責任もないんでしょうけど、どうしてもヒガマレそうふらふら

あ、ストーリーについて何も説明してきませんでしたが、同じ名前だけれど、個性が異なる二人の女の子たちが知り合って友情を深めながら、恋をし、夢を追うという話です(映画で見た限り)。
奈々はナナと知り合ったことを「運命」って言うんですけど、コレってわかりますexclamation×2わたしにも「運命の親友」と思える女友だちがいるので手(チョキ)
頼りなくて、甘ったれで、世話がやけてちょっと“重たい”奈々だけど、一見気の強いナナがそんな奈々に癒されたり、何かを気づかされたり、慰められたりするってところが「運命」的な結びつきなんじゃないかな? どこかが優れているから助けられるんじゃなくて、お互いだからこそ、なぜかexclamation×2救い合える……そんな風に思います。

……でも、奈々の職場の先輩、ヒステリーどんっ(衝撃)を起こしたくなるあなたの気持ち、わかりますよ〜exclamation×2 部下としての奈々は、あまり欲しくないですふらふら 奈々、がんばって成長しろよ〜。
posted by チッチ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

映画 宇宙戦争

映画監督:スティーブン・スピルバーグ
ぴかぴか(新しい)キャスト:トム・クルーズ、ダコタ・ファニング他
わーい(嬉しい顔)お勧め度:★★★☆☆

別れた妻から反抗期の息子と10歳の娘を預かったトム・クルーズ演じるパパ。どうやら妻の再婚相手より冴えないダメ親父のようで、子供たちのことも、そんなに気遣っていない様子。でも、そんな親子の街が宇宙人に襲撃雷されて……。
この後はとにかく敵が強すぎて、逃げまわる一方。でも、さすがのダメ親父も子供たちを必死に守り……という展開です。
えっと、逃げまくっている辺りは、けっこうスリルがあったし、それなりに面白かったかな。よくあるパニック物ではあるけれど、とにかく攻撃されまくって、さすがの米軍も手も足も出ないという点が妙に痛快だったりして。
ただ、途中から「こんなに強い相手にどうやって対抗して、どうやってラストを迎えるんだろ」と思い始めたら、何だかとーってもあっけなく解決されて……。ねえねえ、もう少し丁寧に描いても良かったんじゃないのexclamation&questionと。
娘役のダコタ・ファニングちゃんは、『アイ・アム・サム』で娘役を演じた天才子役ですね。あの映画では、いじらしさに泣かされましたもうやだ〜(悲しい顔)
今回は喉がつぶれないかと心配になるほどのキーキー声どんっ(衝撃)で、がんばって悲鳴をあげています。

posted by チッチ at 22:49| Comment(3) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

朗読 白石加代子の『源氏物語』

ペン原作:紫式部 現代語訳:瀬戸内寂聴
ぴかぴか(新しい)朗読:白石加代子
ビル劇場:明治座
時計観劇日:06年4月28日14時

昨年の全く同じ日に、初めて白石さんの『源氏』を聴きました。
もともと古典が好きだったし、白石さんの芝居に興味があったので行ったんですけど、その迫力と面白さにすご〜く感動したんです。
……で、今年も行ったんですけど。
幕が開いて、第一声から観客を源氏の世界に引き込む白石さんは、やはりサスガだな〜と思ったのですが、何とワタシったらexclamation休憩後の後半にウトウトしてしまいました〜眠い(睡眠)
去年は源氏が明石に落ちたあたりだったので、場面自体に変化があって面白かったし、笑える部分も多かった(気がする)んですけど、今回は「絵合わせ」の話のあたりで、正直いってチョット退屈しちゃったのかな……。
ま、寝ていた人に言われたくないでしょうが。
でも、いちばんの原因は、ここ数日の睡眠不足だろうなもうやだ〜(悲しい顔)せっかく行ったのに、勿体ないことをしました。
熱演(というの?)されていた白石さん、スミマセンexclamation×2
やっぱり、観劇のときは、体調万全手(チョキ)で行くべきですね、ハイ。
でも、白石さんの朗読はとても素晴らしいので、古典好きな方にはお勧めでするんるんぜひ、お試しあれexclamation×2


posted by チッチ at 12:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

演劇 贋作・罪と罰

ペン脚本・演出:野田秀樹
ぴかぴか(新しい)キャスト:松たか子、古田新太他
ビル劇場:シアターコクーン
時計観劇日:06年1月19日14時

舞台の後方に作られた席で見ました。すぐ前で演じられるので、迫力たっぷりどんっ(衝撃)汗やツバあせあせ(飛び散る汗)が飛んできそうでした。
野田さんの芝居を観るのは初めてだったのですが、やっぱり才能あふれる人って違いますね〜。才能のキレを感じる舞台でした。
役者陣も熱演で、それぞれ良かったです。
(……って、観てからだいぶ時間がたっているので、曖昧な感想でゴメンなさいふらふら


posted by チッチ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画 ターミナル

映画監督:スティーブン・スピルバーグ
ぴかぴか(新しい)キャスト:トム・ハンクス他
わーい(嬉しい顔)お勧め度:★★★★☆

母国のクーデターで無国籍状態になり、NYの空港飛行機で暮らす羽目になった男の話です。
トム・ハンクスの顔は少し見飽きちゃったかな〜なんて思いながらDVDを手に取ったのですが(ファンの方、スミマセン!)、そこはやっぱりトム・ハンクスexclamation楽しませて頂きましたるんるん
笑えるし、心がポッと温まる映画です。家族そろって安心してexclamation&question楽しめる良い映画じゃないかな?
“約束”を果たすシーンやほのかな恋(?)の行方の描き方が随分あっさりしてるな〜とは思いましたが、それはそれでいいのかな……。

posted by チッチ at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

このブログについて

当ブログは、管理人が休日などにポツリポツリと観た映画や芝居の感想を書き記したものです。
といっても、管理人は映画にも芝居にも詳しいわけではなく、無知をさらけだしたり、トンチンカンな感想を述べたりしていることも多いと思います。
何かの間違いでexclamation&question当ブログに辿り着いてしまった映画通&芝居通の皆さまexclamationどうか笑って読み捨てて頂きますよう、お願い申し上げますあせあせ(飛び散る汗)
posted by チッチ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

映画 チャーリーとチョコレート工場

映画監督:ティム・バートン
ぴかぴか(新しい)キャスト:ジョニー・デップ他
わーい(嬉しい顔)お勧め度★★★★☆

理屈抜きに楽しい映画!
イマジネーションあふれる工場は、とてもカラフルで遊園地遊園地みたい!
(ちょっぴり残酷だったりするけどネ)
ぜひぜひ一度、見学に行ってみたいものです。
ティム・バートンの映画、ほかにも観てみようかな。
原作本も気になります……。
posted by チッチ at 18:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。