2007年09月01日

演劇 ロマンス

ペン作:井上ひさし
ひらめき演出:栗山民也
ぴかぴか(新しい)キャスト:大竹しのぶ、松たか子、段田安則、ほか
ビル劇場:世田谷パブリックシアター
時計観劇日:2007年8月15日13時30分

これまで井上ひさしの芝居を観たことがなかったので、一度観てみたかったのと、大竹しのぶや松たか子といったキャストの豪華さぴかぴか(新しい)に惹かれてみた芝居です。

結論としては、面白かったですね〜わーい(嬉しい顔)
劇作家チェーホフをめぐる妹と妻の確執の話だと聞いていたので、「華岡青洲の妻」の嫁姑の西洋版を想像していたんですけど(笑)、実際にはそれは一部でしかなかったですね〜。
井上芳雄(少年期)、生瀬勝久(青年期)、段田(壮年期)、木場勝己(晩年)の4人が各年代のチェーホフを演じる、取っ付きやすくて楽しい、歌あり踊りありの音楽喜劇(?)でしたるんるん

大竹しのぶはやっぱりサスガexclamation×2って感じですし、俳優陣もよかったと思いますグッド(上向き矢印)
あと、松たか子は声の通りもいいし、歌がうまいですね〜。こういう音楽劇にあっているのかも。
じゅうぶんに楽しめた作品でしたexclamation×2
posted by チッチ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。