2007年07月24日

映画 Death Note(前・後編)

映画監督:金子修介
ぴかぴか(新しい)キャスト:藤原竜也、松山ケンイチ、ほか
わーい(嬉しい顔)お勧め度:★★★☆☆

 名前が書き込まれた人物に死をもたらす、死神の“デスノート”を手に入れ、「救世主キラ」として悪人たちを次々と殺していく天才青年、夜神月三日月(ヤガミライト=藤原)と、警察の依頼でキラを追っていく、もうひとりの天才青年L(松山)の対決を描いたコミック原作の作品です。
 前・後編に分かれているので、本当は分けて感想を書くべきかもしれませんが……ご容赦を。

まず、単純にけっこう面白かったです。と言っても、グイグイと引き込まれるほどではなかたけれど、まあまあ楽しめます。

 わたしはコミックを読んでいないので、原作との比較はできないんですけど、個人的にはLのキャラクターが好きですねハートたち(複数ハート)
見てて気持ち悪いほど、甘〜いお菓子を平らげていく様子exclamation好きでするんるん

 この作品でいちばん胸に残ったのは、最初は更正する様子を見せない凶悪犯だけを「正義」のために殺していたはずなのに、いつのまにかその大義のために○○(ネタバレなので伏せます)まで殺してしまうところexclamation×2
 人間て、いつのまにか自分勝手な正義を振りかざして、「少数の犠牲は仕方ない」とか言って、道を踏み外していくんですね……。怖い。

posted by チッチ at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49099562

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。