2007年07月23日

映画 Ray/レイ

映画監督:テイラー・ハックフォード
ぴかぴか(新しい)キャスト:ジェイミー・フォックス、ほか
わーい(嬉しい顔)お勧め度:★★★★☆

「ソウルの神様」レイ・チャールズの伝記映画です。
わたしは好きですね、この映画るんるん

幼い頃に盲目となったレイが音楽の才能によって道を開き、伝説的なシンガーになるまでの軌跡を描いた作品ですが、そのストーリーよりも何よりも、レイ・チャールズの音楽exclamation才能exclamation×2に、改めて魅了されます。

わたしは、レイ・チャールズのファンというわけではないので、レイの音楽や人物像をよく知っている方がどういう感想を持つのかはわかりませんが、わたし自身はキラキラぴかぴか(新しい)輝く才能に圧倒されました。
“伝記映画”ですから、ストーリーにはヒネリがないのでしょうが……。

主演のジェイミー・フォックスは、とても魅力的にレイ役を熱演していましたグッド(上向き矢印)
たぶん、ファンの人も納得なんじゃないかなぁ。

それから、幼くして視力を失ったレイが自立できるよう、母親が心を鬼にして接するシーン……胸にジーンときましたもうやだ〜(悲しい顔)
もしかしたら、最近の親が失っているかもしれない、本物の愛情――本当に子供のことを想う愛情――を見た気がしましたネ。
この母がいたからこそ、天才が生まれたのではexclamation&question
posted by チッチ at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48993240

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。