2007年07月20日

演劇 国盗人

ペン作:河合祥一郎
ひらめき演出:野村萬斎
ぴかぴか(新しい)キャスト:野村萬斎、白石加代子、ほか
ビル劇場:世田谷パブリックシアター
時計観劇日:2007年6月29日19時

シェイクスピアの『リチャード3世』を狂言風にアレンジ(?)した芝居です。
狂言と、野村萬斎と、白石加代子の融合に興味があって観にいったのですが……。
そうですねぇ、感想はマアマアかな。

シェイクスピアは想像以上に時代物というか狂言風の芝居にピッタリだったし、そこそこ面白かったんですけど、野村萬斎さんの悪三郎を見ていると、なぜか以前観た市村正親さんのリチャードがちらついてしまって……どうしてなんだろうexclamation&question

残念ながら、衝撃どんっ(衝撃)を感じるところまではいきませんでした。
posted by チッチ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。