2006年12月26日

映画 オリバー・ツイスト

映画監督:ロマン・ポランスキー
ペン原作:チャールズ・ディケンズ
ぴかぴか(新しい)キャスト:バーニー・クラーク、他
わーい(嬉しい顔)お勧め度:★★★☆☆

文豪の名作を映画化したものですが……。
う〜ん、ワタクシ的には可もなく不可もなくというか、「こんなものなのかな……」という程度の感想かな。
19世紀のイギリスの雰囲気はよくわかった気はするけど(実際は、もちろん知らないんだけど……あせあせ(飛び散る汗))。
オリバー役の少年はカワイイ黒ハートというか、薄幸そうなお顔がとてもマッチしてましたけどね。
posted by チッチ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

オリバー・ツイスト
Excerpt: 2005年製作のイギリス・チェコ・フランス・イタリア映画。 全米最高18位、興行成績$1,987,287。 『戦場のピアニスト』のロマン・ポランスキー監督が、C・ディケンズの名作を映画化した文芸ド..
Weblog: シネマ通知表
Tracked: 2006-12-27 09:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。