2006年11月06日

映画 さよならみどりちゃん

映画監督:古厩智之
ぴかぴか(新しい)キャスト:星野真里、西島秀俊、ほか
わーい(嬉しい顔)お勧め度:★★☆☆☆

コミックが原作のようですが、何の予備知識もなく、なんとな〜くレンタルしてみた……という作品です。

主人公ゆうこ(星野)はユタカ(西島)が好き黒ハート初めてユタカとセックスした日に「みどりちゃん」という彼女がいることを聞かされても、「じゃあ、何でアタシと寝たのよっちっ(怒った顔)」なんて凄まないし、ユタカに頼まれれば気の進まないカラオケスナックカラオケでのバイトも引き受ける。つまり、いつだって自己チューのユタカの言うことを聞く「都合のいい女」。
ダメンズのユタカは、なぜかexclamation&questionやたら女にもて、胸の大きな真希もチョッカイを出してくるけれど、ゆうこが誰よりも気になるのは、沖縄にいるという「みどりちゃん」。
ある日、ゆうこは「みどりちゃん」がユタカのもとに来ていることを知り、ふたりが乗ったタクシーを追いかけるが……。

ひと言でいえば、「どこがいーんだ、こんな男」と誰もが言いそうな男を、なぜか追わずにいられない女の子の物語……でしょうか。
ゆうこはユタカにとって「都合のいい女」だし「断れない女」なんだけど、同じ立場にいる女の子だったら共感しちゃうのかな?
どんなにイイ男でもソソラレない……「いい人」で終わっちゃうのと同じで、「ズルい男」「どーしようもない男」とわかっていても諦められないってこと、あるものね……。

でも……映画としては「まあ、そういうこともあるよね」くらいしか思わない作品でした。胸がキュンと切なくなるとかはなかったなぁバッド(下向き矢印)

posted by チッチ at 01:17| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックからやって来ました。
初めまして。
さよならみどりちゃんは、若かりし頃に漫画を先に読んで、愛読漫画になってました。
当時の自分に重ね合わせてましたよ。若いだけに。
随分経ってからの映画は勿論映画館で拝見しましたが、既にキャスティングからガッカリで、
映画も『はい?』って唖然としてしまいました。

胸キュン度は漫画の方が絶対ありますよー。

Posted by fuji1602001 at 2006年11月11日 22:18
そっか……コミックのほうは胸キュンなんですね?
今度、読んでみたいと思いまーす。

コメント、ありがとうございました♪
Posted by チッチ at 2006年11月11日 23:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

知らないなら知ってる人に聞けばいいぞな。(星野真里)
Excerpt: ねねの星野真里である。セリフは標準語だが、どうせ、11.5%??*9.1%ぐらいの
Weblog: キッドのブログinココログ
Tracked: 2006-11-11 13:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。