2006年06月27日

映画 シンデレラマン

映画監督:ロン・ハワード
ぴかぴか(新しい)キャスト:ラッセル・クロウ、レネー・ゼルウィガー、他
わーい(嬉しい顔)お勧め度★★★☆☆

 一度は栄光の座に近づきながらケガが原因で負けが続き、昔の仲間から施しを受けるほどの貧困を経験した実在のボクサー、ジム・ブラドックが家族のために再起する姿を描いた映画です。
 えーっと、そうですね〜。★3個半ってところかな?(“半”が出せない……あせあせ(飛び散る汗)
 確かに感動的な話なんですけど、最初からわかりきった展開ってところがチョット苦しいかも。子供に食べさせられない切なさもうやだ〜(悲しい顔)は伝わってくるんですけどね。
 奥さん役のレネー・ゼルウィガーが、貧しいときにもう少し生活疲れを感じさせて欲しかったなって思います……だって、実際はやっぱりヤツれちゃうでしょexclamation&question
 それから、マネージャー役のポール・ジアマッティがよかったですねグッド(上向き矢印)
 シーンでは、ボクサーとマネージャーの奥さん同士が「男はこうと決めたら譲らないよね」みたいな会話をしていたところが好きでするんるん
posted by チッチ at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19904780

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。