2006年05月08日

映画 NANA

映画監督:大谷健太郎
ぴかぴか(新しい)キャスト:中島美嘉、宮崎あおい他
わーい(嬉しい顔)お勧め度:★★★☆☆

原作は矢沢あいさんの超人気少女コミック。
……といっても、わたしは未読なので、原作との比較はできないんですが。
でも、どうやら中島美嘉さんと宮崎あおいちゃんの二人のNANAは、原作の雰囲気にピッタリのようですね(ついつい「さん」と「ちゃん」を使い分けてしまいます)。辛く寂しい環境で育ち、突っ張った生き方をしているナナ(中島さん)と、家族に愛されて育ち、ちょっと甘ったれた奈々(あおいちゃん)というキャラクターは巧く描かれていたように思います。

それにしても、あおいちゃん演じる奈々は可愛いですね〜ハートたち(複数ハート)まさに、少女マンガからそのまま飛び出してきたって感じexclamationもちろん、中島さんもとても男前で、すごくカッコよかったですけど。
でも……奈々は女受けはしないかもしれませんね〜あせあせ(飛び散る汗)本人には何の責任もないんでしょうけど、どうしてもヒガマレそうふらふら

あ、ストーリーについて何も説明してきませんでしたが、同じ名前だけれど、個性が異なる二人の女の子たちが知り合って友情を深めながら、恋をし、夢を追うという話です(映画で見た限り)。
奈々はナナと知り合ったことを「運命」って言うんですけど、コレってわかりますexclamation×2わたしにも「運命の親友」と思える女友だちがいるので手(チョキ)
頼りなくて、甘ったれで、世話がやけてちょっと“重たい”奈々だけど、一見気の強いナナがそんな奈々に癒されたり、何かを気づかされたり、慰められたりするってところが「運命」的な結びつきなんじゃないかな? どこかが優れているから助けられるんじゃなくて、お互いだからこそ、なぜかexclamation×2救い合える……そんな風に思います。

……でも、奈々の職場の先輩、ヒステリーどんっ(衝撃)を起こしたくなるあなたの気持ち、わかりますよ〜exclamation×2 部下としての奈々は、あまり欲しくないですふらふら 奈々、がんばって成長しろよ〜。
posted by チッチ at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17533124

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。