2009年04月21日

演劇 劇団昴『親の顔が見たい』

ペン作:畑澤聖悟(渡辺源四郎商店・店主)
ひらめき演出:黒岩亮(劇団青年座)
ぴかぴか(新しい)キャスト:姉崎公美、林佳代子、大坂史子、落合るみ、ほか 
ビル劇場:シアター・サンモール
時計日時:2009年4月17日14時

友人に誘われ、「いじめによる子どもの自殺がテーマの作品」という程度の予備知識かもたずに観に行った芝居でした。劇団昴の芝居も、現役の教師だという作家さんの芝居も一度も観たことがなかったし。
結果は……大正解exclamation×2 誘ってくれたSさん、ありがとうexclamationという気持ちです。

舞台は、どうやら「お嬢様学校」として定評のある私立の女子中学校。ひとりの生徒が自殺しますが、その生徒は遺書らしき手紙を残していて、そこに名前が記されていた5人の生徒たちの親が呼び出され……という話です。

もちろん、親からすれば「うちの子に限って、いじめなんか」と思うもので、それぞれの親のエゴがむき出しにされます。
「あ〜、いるいる、こんな親。ヤだね〜」と思いつつも、自分にもそんな一面があることに、心の片隅で気づいていたりして……たらーっ(汗)

観るまえは「いじめによる自殺の話」と聞いて、正論をふりかざすような芝居を想像して、ちょっぴり尻込みしたくなる気持ちもあったのですが(正論が悪いわけではないけれどあせあせ(飛び散る汗))、ときおりユーモラスなシーンを交えている本作は、少しも飽きることのない迫力のある芝居でした。
ぜひぜひ、いろんな方に観てもらいたいです。

それにしても……子どもたちのいじめの陰湿さは、大人の世界を映している鏡なのでしょうかバッド(下向き矢印)

posted by チッチ at 18:02| Comment(54) | TrackBack(1) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

演劇 探偵〜哀しきチェイサー

ペン作・演出:マキノノゾミ
るんるん音楽:coba
プレゼント振付:南流石
ぴかぴか(新しい)キャスト:沢田研二、伊藤蘭、ほか
ビル劇場:紀伊國屋サザンシアター
時計観劇日:2009年4月12日13時30分

ジュリーの78年発売のアルバムのなかの一曲「探偵〜哀しきチェイサー」を舞台化した音楽劇です。
ジュリーのコンサートや普通の(?)芝居は観に行ったことがありますが、音楽劇は初めてです。
感想は……まあまあかなぁあせあせ(飛び散る汗)
わかりやすいストーリーで、つまらない訳ではないけれど、いまひとつピリリどんっ(衝撃)とした部分がないというか……うん、これはこういう作品なのでしょうが。
それなりに楽しめるのは間違いないのですが、「やっぱりコンサートが一番だな」なんて、まったく違うものだとわかっているのに、そんな感想をもってしまいました。

それにしても……ジュリーの歌を聴くたびに「わたしは、この人の声が好きなんだなあ黒ハート」と改めて思ってしまいます。
以前、オグちゃん(小倉久寛さん)がテレビ局でジュリーに会って「あの、まさにビロードのような声で挨拶されて感激した」と言っているのを聞いたのですが(細かいことはうろ覚え)、ほんとビロードのような声よね〜と思ってしまうのでしたハートたち(複数ハート)

……って、結局はこんな感想かたらーっ(汗)
posted by チッチ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。