2007年10月29日

演劇 犯さん哉

ペン作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
ぴかぴか(新しい)キャスト:古田新太、犬山イヌコ、大倉孝二、ほか
ビル劇場:パルコ劇場
時計観劇日:2007年10月27日13時

ええっと、舞台の内容はなんて書いたらいいんでしょうあせあせ(飛び散る汗)
「古田新太14歳exclamation×2」の夢から始まる、ひとことで言えばナンセンス・コメディでしょうか。
とにかく、あらすじを説明しても仕方ないと思うので(できないし)、簡単な感想だけ……。

けっこう面白かったです。
「すっごく」面白かったとは言えないけど、十分に楽しめました。
わたしは劇団☆新感線のノリ&笑いは苦手なんですけど、ケラの笑いは好きですね。
だから、同じ古田さんでも、こっちの方が好きだなるんるん

何も考えず、笑いたいときにはいーんじゃないでしょうかわーい(嬉しい顔)

posted by チッチ at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

演劇 ラスト・ファイヴ・イヤーズ

ペン台本・作詞・作曲:ジェイソン・ロバート・ブラウン
ひらめき演出:鈴木勝秀
ぴかぴか(新しい)キャスト:山本耕史、井手麻理子
ビル劇場:東京グローブ座
時計観劇日:2007年9月7日19時

あるカップルムードの出会いから別れまでの5年間の軌跡を、男は出会いから別れへとたどり、女は別れから出会いまで時間を遡るという形で描いたミュージカルでするんるん

この作品を観ようと思ったのは、このストーリーの辿り方が面白いなと感じたのと、テレビドラマ等で見かける山本耕史クンに興味が惹かれたからですハートたち(複数ハート)
でも、正直言って、この「現在〜過去」と「過去〜現在」という構成の面白さは、あまり感じられなかったな。なんでだろバッド(下向き矢印)
いいアイデアだから、もっとその面白さを感じられてもいいはずなのに……残念です。

役者さんの歌と演技については、う〜ん、こんなものでしょうかたらーっ(汗)
山本くんのほうが知名度が上だし、たぶん観客もファンの人たちが多かっただろうから、井手さんはやりにくかったかもしれないけど……。
でも、やっぱり、井手さんが演じるキャロラインに対して、あまり魅力が感じられなかったなぁ。
歌はうまいと思うんだけど、同じ女性として心に響くものがないというか……。
このキャサリンという役、なかなか難しいのかもしれません。
もっともっと多くのミュージカルに出演したら、とてもいい女優さんになるんじゃないかな
まあ、本職(?)は歌手の方みたいだから、どういう方向に進まれるのかわかりませんが。
posted by チッチ at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月20日

演劇 ドラクル

ひらめき作・演出:長塚圭史
ぴかぴか(新しい)キャスト:宮沢りえ、市川海老蔵、ほか
ビル劇場:シアターコクーン
時計観劇日:2007年9月5日14時

えーっと、まず最初にお断りしなきゃいけないんですけど、この芝居を観てから、もう1ケ月以上たってしまい、正直いってハッキリとした記憶がありません……あせあせ(飛び散る汗)
ということで、いちおう「観ました」という記録のためだけに感想を書いておくと……バッド(下向き矢印)

タイトル「ドラクル」からわかるとおり、ドラキュラ……吸血鬼のお話ですね。
だから、もうちょっとエロティックな雰囲気を予想していったんだけど、あまりそういう印象を受けませんでした。
宮沢りえ&海老蔵ムードであれば、もう少し色っぽい雰囲気が出てもよかったんじゃないかな。

役者さんについては、海老蔵さんより、りえちゃんに魅力を感じました揺れるハート
よく通るりえちゃんの声は気持ちいいですね。
これからも、ずっとがんばってるんるん

あと、個人的には子供の内臓を○べてしまうシーンは……どうしても好きになれません。
最近、いろいろな話があるから……。
作り事で済ませられない現実があることの方が、問題なんでしょうけどバッド(下向き矢印)

お粗末な感想で、すみませんっexclamation×2
posted by チッチ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

映画 少女ヘジャル

映画監督:ハンダン・イペクチ
ぴかぴか(新しい)キャスト:ディラン・エルチェティン、シュクラン・ギュンギョル
わーい(嬉しい顔)お勧め度:満月満月満月満月

元判事のルファト(ギュンギョル)が暮らすアパートの向かいの部屋が武装した警察官に襲撃され、一家は皆殺しにされる。しかし、その中をたった一人生き残った少女ヘジャル(エルチェティン)がいた。ヘジャルは部屋を抜け出しルファトの部屋の前にやって来る。ヘジャルは両親を亡くし、そのアパートに住む親戚に預けられたが、その親戚はクルド人の独立を目指す活動家たったのだ。
クルド語しか話せないヘジャルとクルド語は分からないルファト。ルファトはヘジャルを警察なり、施設なりに引き渡すつもりだったが、次第にクルド人の現実を理解し始め、ヘジャルに祖父のような愛情を抱き始める……。

わたしは何の予備知識も持たずに、この作品を見たのですが(どこの国の映画かも知らなかったあせあせ(飛び散る汗))、これはトルコに暮らす少数民族クルド人を描いた作品です。
わたしは映画を見たあとも、クルド人について詳しくは知らないのですが、その状況はルファトの元で働いていたお手伝いさんがクルド人であることをずっと隠し、クルド人であることがルファトにわかったあとも、クルド語を使うのを禁止させることからも察せられます。
自分の言葉=自分のアイデンティティなのに、それを禁止されるなんてね……バッド(下向き矢印)
日本人にとって、「トルコのクルド人」という問題は決して身近ではないけれど、映画を通して少しでも知ることは、とても意味があることなんじないかな……。

でも、この作品はそのことを除いても、いい作品だと思う。
ヘジャルとルファトの心の交流だけを見ても、心にグッときますよかわいい
ラストがああだからこそ、泣けますもうやだ〜(悲しい顔)、グッときます。

そうそう、わたしはルファトに迫るキスマークオバサンもけっこう好きるんるん
元気で、Happyでいいじゃないexclamation&question

posted by チッチ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

映画 どろろ

映画監督:塩田明彦
ぴかぴか(新しい)キャスト:妻夫木聡、柴咲コウ、ほか
ペン原作:手塚治虫
わーい(嬉しい顔)お勧め度:満月満月満月

手塚治虫の傑作漫画「どろろ」を映画化映画した作品。
身体の48ヶ所を魔物に取られた(実の父親に売られた!?)百鬼丸(妻夫木)が、男装している泥棒どろろ(柴咲)と共に、魔物を退治しながら1つずつ身体を取り戻していくというストーリーです。

えっと、わたしは原作を読んでいないし、この作品を観たいとも思っていなかったんですよね〜、実はあせあせ(飛び散る汗)
でも、同居人がレンタルしてきたので、「ま、いっか」と見始めたのですが……。
観てみると、けっこう面白かったです。
怪物が荒唐無稽で笑えたっていうのもあったけど、全く期待していなかったから、楽しめたんでしょうね。
ネットで他の方の評を見てみると、原作を読んでいる方の評価は厳しいみたい。
原作がある物は難しいよねダッシュ(走り出すさま)

posted by チッチ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。